大泣きしている子供を泣き止ませる方法


Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/inumari1127/mari3.jp/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 417

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/inumari1127/mari3.jp/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489

上の子は2歳後半。
気に入らない事や思うようにいかなくなると泣きだします。

大声でわんわん泣き出すと、だんだん本人も何で泣いてるのか分からなくなってきて
泣いてる事に泣き出す始末。

『どうしたの?』
『なんで泣いてるの?』

聞いたところで返事が返ってくることはなく、むしろ更に大声で泣いたりする事も。

そんな時、効果的に子供を泣き止ませる方法があります!

子供と一緒に、大きく深呼吸してみてください。
『大丈夫よー!ふーーーーっ、ふーーーーっ。一緒にやってみて!せーの!ふーーーぅーーー。』すると、わんわん泣いてた子供の呼吸が整って泣き止むんです!!!

本人もハッとしたように涙が止まり我に返って落ち着きます。ゆっくり呼吸を整えると落ち着く。
深呼吸する癖をつけると、これからもあらゆる局面で役立ちます。

緊張するとき。
泣きたいとき。
我慢するとき。

大人も子供も、ストレスを感じたときこそ深呼吸して呼吸を整え落ち着く事が大切。

これに気付いてから、子供が大泣きしたときは必ずこれを実践していますが、最近では大泣きしている子供の方から
『ママ!ふーふーして!』とお願いしてきます。

自分でもどうしようもない涙を止める魔法の方法なんです。

もう一つ、コツがあって
必ず抱きしめたり、目を合わせたり、手を繋いだりスキンシップを通してつながってあげてください。

そうすると、ふーふーと呼吸のタイミングもあってより早く落ち着きを取り戻します。

ぜひやってみてくださいね!