2歳児 子供とスマホの付き合い方

『声かけ』の工夫で、育児、しつけを前向きに親子で取り組んでみよう!と『声かけ育児』をスタート

今回は子供とスマホの付き合い方について

2歳も半ばをすぎた上の子は、いつのまにか携帯を使いこなし今では『YouTubeがみたい!』とリクエストまでしてきます。

困ったことに、子供用アプリでもなく、Amazonプライムで購入した子供向けアニメでもなくYouTubeがいいみたいです。

YouTubeが悪いわけではないですが、広告だったりそのまま他のチャンネルに飛んでいく中 子供にとって不適切なチャンネルを視聴してしまわないか不安でした。

また、終わりのないYouTube loopで携帯依存にならないか。

など、そんな不安があり誤魔化し、誤魔化しきましたが、、、

一方で、これからの世代には携帯やタブレット、パソコンなど切っても切れないアイテム。
それを遠ざけるよりも、むしろ使いこなすスキルの方を早く習得させた方がいいのでは?とも思うのです。

そんな悩みをいだくなか私なりの解決策を見つけました!

YouTubeの子供専用アプリを利用!

子育て先輩の妹夫婦から教えてもらった神アプリ

YouTube kidsをご存知ですか?

・広告なし!
・制限時間設定可能!!
・子供向けYouTube番組のみ視聴できる!!!

YTkids ←リンクを開くとアプリへ繋がります

お出掛けの多い私の神アプリ。

絵本もダメ、折り紙もイヤ、お絵かきも飽きた!となればYouTube kidsを視聴で子供も楽しく過ごしてくれます。

さて、いくらYouTube kidsが便利だからといって子供の思うまま視聴させるのはどうだろう?

と思って始めたのが『声かけ』

『ママが返してねって言ったら返してね!お約束だよ!お約束守ってくれたら ママもまた見せてあげるからね』

大切なのはお互いに交わした『約束』はきちんと守ること。

この約束への信頼が持てれば子供はちゃんと声かけに対して応えてくれます。

よく、『いい加減、携帯返しなさい!』や『またすぐ見せてあげるから』と言って取り上げておいて見せないなど親の適当な返事やウソでいい加減に遇らうと子供も信用してくれません。

そうなると、いくら声かけても

『嫌だ!』となかなか携帯を離さなくなります。

声かけのコツは、初めは短い時間だけ返してもらう。そして必ずすぐ返してあげてください。

子供は取り上げられたおもちゃ(スマホ)をずっと目で追いながら いつ返してくれるのかと待っています。

さっと取り上げて、すぐ返す。

その時に『返してくれてありがとう!約束守ってくれたからまた○○ちゃんに返すね!』

約束守ってくれたから、ちゃんと返してくれた事を声かけて理解させます。

少しずつ、子供が『ママに携帯を渡してもちゃんと返してくれる』と理解するようになったら

うちの子は自分からある程度納得すると時間制限前に『はい!ママ』といって携帯を返すようになりました。

声かけ育児のおかげで、子供なりに自主性をもってスマホを楽しんでいるようです!

2歳児育児では、声かけを通じて
『約束の大切さ』をちゃんと体現する事を心がけて、子供とスマホの付き合い方も親子でルール作りしていきたいですね!

投稿者プロフィール

Mariさん
Mariさん
1984年生まれ、2児のママ
2017年第一子誕生
2019年第二子誕生

詳しいプロフィールはこちら