2人目育児で上の子が赤ちゃん返りしない子育て法とは?!


Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/inumari1127/mari3.jp/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 417

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/inumari1127/mari3.jp/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489

下の子ができると、上の子が赤ちゃん返りするから大変。

そんな話をよく耳にしていたので、実際下の子が生まれるとちょうど2歳になる上の子どもがどうなるのか?!

心配していました。

イヤイヤ期、自己主張もするようになり言葉も通じるようで通じない?そんなお年頃。

私なりに、第二子を妊娠しお腹が大きくなる頃から実践してきた『赤ちゃん返りしにくい上の子との接し方』をご紹介します!

●『赤ちゃんはあなたのもの!』

お腹が大きくなってきたころから、赤ちゃんの存在に何となく気づき始める頃。

私は上の子に『◯◯ちゃんの赤ちゃんだよ』『赤ちゃん、早く◯◯ちゃんに会いたいよーって言ってるよ』と声かけるようにしていました。

そうする事で、赤ちゃんは自分のものなんだとい う意識をつけ好意的に捉えられるようにします。

●『お姉ちゃん/お兄ちゃんになる』は言わない。

  • 兄弟、姉妹が出来るとつい『お姉ちゃん/お兄ちゃんになるんだね』と声かけてしまいがちですが、コレNGです。
  • 本人が自覚する前に、大人たちからそんな風に決めつけられると『嫌だ!』となってしまいます。
  • 弟、妹という存在がどんなモノか上の子がはっきりと受け入れてから 使うようにしましょう。
  • ちなみに、私はまだ上の子にこのワードを使っていません!

    ●日頃からの上の子との接し方を子供はそのままコピーする!

    日頃から『(上の子の名前)ちゃん、いつもありがとう』や『◯◯くんのおかげで助かるよ』など子どもに対しても感謝の気持ちや嬉しい気持ちは素直に伝えるようにしています。

    子どもが何かで泣いてるときは、優しく抱きしめながら『大丈夫だよ、ママもパパもついてるよ』と一人じゃないんだって事をしっかり伝えて安心させるようにしていました、

    すると、下の子が泣いたとき『大丈夫?◯◯がついてるよ』となだめてくれるんです!

    他にも『(下の子の名前)可愛い!いつもありがとう』とハグすることも。

    これには、夫婦でビックリ!

    そんな微笑ましい姿を見ながら夫は

    『普段、僕らがそんな風に接して声かけしてるから、上の子も同じように接してあげてるんだね』と。

    ●下の子が出来ると赤ちゃん返りするかどうかは、赤ちゃんの存在の位置付けと、普段から上の子に『安心感』を持たせてあげる事で変わってくるようです!

    これからもう一人、とお考えの方

    今まさに二人目育児で 上の子の赤ちゃん返りに悩んでいるママ、今からでも実践できる『声かけ法』ぜひ試してみてくださいね!