2歳から習わせたい事No.1!家庭で出来るお箸の持ち方・テーブルマナーや作法


Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/inumari1127/mari3.jp/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 417

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/inumari1127/mari3.jp/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489

子供が生まれると将来何を習わせようかな、、、
なんて考えたりするものです。

男の子ママの人気はサッカー・野球・ラグビー・水泳・卓球などスポーツやピアノ・ダンスでしょうか?
女の子ママの人気ならピアノ・バレエスケート・新体操・日舞・華道・茶道、、、などなど、

いまや男女関係なく習い事の種類やお教室もたくさんあります。

素敵な特技を身につけることと同じくらい最も基本的で家庭の教えが出てしまうのが「テーブルマナー」ではないでしょうか?

どんなに素敵な方でも、どんなに秀でた才能の持ち主でもお箸の持ち方、食べ方、テーブルマナーが出来ていないとがっかり、、、そんな経験はありませんか?

そのまま大人になってしまうと、みんな気になりつつも注意はしてくれないもの、、、

『ご家庭で教わらなかったのね』そう心内で思われてしまいます。

テーブルマナーと言っても、フォークやスプーン、ナイフが両端から沢山並ぶ高級フレンチのテーブルマナーではなく

『基本的なお箸の持ち方、使い方』
『器の持ち方』
『食事の姿勢・食べ方』
これだけで充分。

つまり習慣化しやすい基本的な毎日の食事マナーです。

椅子への座り方、食べる時の姿勢も実は大切なポイント!
イギリスの名家では、子供はテーブルマナーを身につけるまで大人と食卓を囲むことはないそうです。

それくらい、マナーを大切にするイギリスらしい習慣ですよね。

  • 音を立てて食べないこと。
  • 口を大きく開けて食べないこと。

食事を楽しむために 食卓を囲むすべての人が、気持ちよく食事時間を過ごせるように配慮すること。

『それがマナーです』

これは、まさに家庭での習慣が大切。

お母さん、お父さん、家族の姿勢や習慣から食べる事を学ぶ 子供達。

『おふくろの味』があるように、『お家でのおふくろの食事マナー』は気づかぬ内に子供の食事マナーの全てにつながります。

外食した時、向かいの人の食べ方が気になった事はありませんか?
例えば、音。咀嚼音も、会話のトーン、食器の扱い方。初デートで凄く素敵な方だったけど最後のディナーでの食べ方でお付き合いする気持ちが冷めてしまった、、、そんな話を男性からも女性からも聞いたことがあります。

我が子が将来、『あらら』と思われないように基本的な食事のマナー習慣は ゆっくりじっくり焦らずともしっかりと伝えて行きたいと思います。

その為に、親がお手本となる事。
あまり神経質にならず、時間をかけてしっかり教えていく事。

怒ったり強く強制すると食事を楽しめなくなりストレスになってしまいます。

まずは自分のマナーはどうだろう?と正しい食事マナーを勉強するのもよし。

絵本やお手本を見ながら食事以外でもマナーを伝えつつ、食卓は『はっ!』と気付ける実践の場としてお母さんも 楽しく食事マナーを始めてみてください!

食事は楽しく!美しく!が何時もモットーです。
「おうちの教育や習慣」が出やすい「食」教育は学校では教えてくれない家庭で習わせたい事No.1ですよね。